野島記念Business Contest

2020年12月13日に行われた野島記念Business Contestにて、『RePublic Water』が優勝を獲得しました。

野島記念Business Contestとは、中央大学OBである野島廣司氏(株式会社ノジマ代表執行役社長)の「中央大学からビジネス界で活躍する人が増えてほしい」という想いと篤志を受け、2007年から開催しています。
今年のエントリーは総勢41チーム。
その中から書類審査で選ばれた8チームが、オンラインで開催された決勝大会で競いました。

水質の見える化

RePublic Waterは、水道の安心・安全な未来を守るには国民の協力が必要不可欠と考えました。
一方で、水道と国民が離れている現状は、水道の状態(水質)が見えないことが1つの
要因であると考え、誰でも簡単に水質を測定できるアプリ『Water Checker』を開発しました。

Water Checker使用動画

※App Storeにて近日中に公開予定、500円/月


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。